保育士の資格を取って子供と成長していこう

安定した将来を選ぶ

勉強道具

資格の一つとして存在する保育士は、取得していて損はない存在であると言えます。これによって転職や将来もある程度安定した状況を作ることが可能になり、生活における基盤を作りやすくなるためです。また、取得も手軽になっています。

More Detail

様々な方面から資格を

教材

保育士の資格は一般的に短大、大学を卒業してから取得するものだとされていますが、近年は通信教育によって勉強を行うことも可能になっています。専門学校や通信教育、大学といった様々な方面からのアタックが可能となっているのです。

More Detail

知識と技術

勉強

保育士の資格を取得する為には、実技と筆記試験の両方をクリアする必要があります。筆記試験は保育を行う上での基本知識、世話の方法や食育、しつけの基本など様々なものであり、試験ではマークシートで答えていくこととなります。

More Detail

子供が好きなら

ウーマン

子供の動きに合わせて

保育所は子供の生活の場となっています。一人や二人の子供を相手にするわけではなく二十人前後の集団になった子供と生活を共にしていくのが保育士です。健康で明るい保育士は、子供たちの人気の的になっています。これらの理由で子供好きな人は保育士の資格を取る人が多くなっています。子供たちが生活していく場所が、よい保育の場であるためには子供の集団活動が生き生きと躍動する、活発なリズムをもったものでなければなりません。子供は動きが激しく活動的な存在になりますので、それに合わせて動くことができる保育士が強く求められています。保育士になるためには、都道府県の首長が行う保育士の試験に合格をするか、保育士を育てる学校や施設を卒業しなければなりません。

保育の実習

厚生労働大臣が指定している施設や学校で、保育に対する一定の科目を習得することでその学校や施設を卒業して、保育士の登録をすることでこの資格が与えられることになっています。保育士の養成施設や、短期大学、専修学校、4年生の大学などがあります。通信教育でもこの資格を取ることが可能になっています。この資格を取るための養成学校で特徴的なのは、保育の実習があるということです。実習は児童福祉施設と、通所型の保育所の2種類の施設で行うことが必要とされています。この保育実習を履修した人たちだけが、この資格を得ることができます。保育実習では、子供たちとのかかわりあい方や、対応の仕方などいろいろな経験を積み重ねていきます。

Copyright © 2017 保育士の資格を取って子供と成長していこう All Rights Reserved.